お土産に扱っています桜染めのご紹介です。 当宿の目の前にあります桜並木の染井吉野は葉桜になってしました。 桜の季節に関係無く、このお土産が人気です。 Syuhariの看板が桜のモチーフの為、年間を通じて取り扱いがございます。 桜の色を布に咲かせる。 桜だけで染めた花びら色の桜色はこの工房さんで初めて誕生しました。 ピンク色の原料を抽出するには桜の咲く前の小枝を集め、分別し、小さく刻みます。 (ベージュ色は桜の咲いた後の物を) そこから鍋で炊いたり冷ましたり40日かけ、さらに90日かけて熟成させた物が染料原液となるとの事。 納得する色になるまで何度も染め、桜の色が布に写し出されます。そんな手間を掛けた布の桜色には、人の心を癒す力と優しさがあります。   ロビーにて展示させて頂いていますので、お気軽にお声掛けください。